教育課程表

本科の教育課程
教育課程には、一般科目と専門科目の区別があります。
それぞれの授業科目は、通年・前学期・後学期に分かれて授業が行われます。各学年の授業科目や単位数は、教育課程表(カリキュラム、別表参照)及びシラバスに示してありますが、専門科目は学科によって異なります。
単位の種別には、次に示す履修単位と学修単位の2種類の単位があります。
(1)履修単位の科目
30 単位時間(50 分授業は、1単位時間、連続90 分授業は,2単位時間とする。)の履修をもって1単位とする科目です。1~3年生の科目は、すべて履修単位の科目になります。
(2)学修単位の科目
45 単位時間の学修(講義+自学自習)(以下、時間=単位時間)をもって1単位とする科目です。この学修単位については、授業時間と自学自習時間の組み合わせとして、1単位45 時間の学修を達成できるように、次の2種類の講義を設定しています。
(a)講義Ⅰについて
30 時間の講義と15 時間の自学自習をもって1単位とする科目です。具体的には、講義時間45 分に対して自学自習時間30 分を必要とする科目で、単位に対する講義時間と自学自習時間及びその回数は以下のようになります。

半期1単位の場合:〔講義(90 分)+自学自習(60 分)〕× 15 回
通年2単位の場合:〔講義(90 分)+自学自習(60 分)〕× 30 回

(b)講義Ⅱについて
15 時間の講義と30 時間の自学自習をもって1単位とする科目です。具体的には、授業時間45 分に対して自学自習時間105 分を必要とする科目で、単位に対する講義時間と自学自習時間及びその回数は以下のようになります。
半期2単位の場合:〔講義(90 分)+自学自習(210 分)〕× 15 回
なお、教育課程表において、講義Ⅰの科目は単位数に* を、講義Ⅱの科目は単位数に** を上付きで表示しています。

■専攻科の教育課程
教育課程には、一般科目、専門共通科目及び専門科目の3つの区分があります。それぞれの授業科目は、前学期・後学期に分かれて授業が行われます。各学年の授業科目や単位数は、教育課程表(カリキュラム、別表参照)及びシラバスに示してあります。